扇子の選び方

扇子の携帯方法として定番はどれ?あなたはどれがお好みでしょうか?

投稿日:

扇子の携帯方法

扇子を携帯する際は、どうするのが正しいのか?

普段から使い慣れていないものですから、
どう携帯するのが正しいのか、色々と考えてしまうものです

しまって持ち歩けばいいものか?
扇子が傷まない様にするにはどうすればいいのか?
そもそも携帯してはいけないものなのか?など、気になります。

そこで今回は、扇子の携帯方法についてご紹介します。
定番から時代を遡った物など、お伝えできればと思います。

定番の扇子携帯方法はケースとバッグを併用するもの!

バッグに入れる

もっとも定番だと思われる扇子の携帯方法は、
ケースや袋などに入れた後、バッグやカバンに忍ばせる方法

これであれば、持ち歩く時の負担を感じる事はなく、
扇子自体もしっかりと守ることが出来ます。

ただ、扇子をケースに収納した上、バッグに忍ばせると、
どこにあるのか?見つかりにくく、更には使う時に多少の手間がかかります。

この方法が定番とは言え、
扇子をケースとバッグに入れた場合に考えられることです。

この点の改善案を考えてみましょう。

改善案1『常に同じ場所に扇子を入れる』

常に決まったポジションに扇子を納めることで、
バッグの中で行方不明になることを防ぎます

いつも固定した場所におけば、
取り出す時もスムーズに行えます。

改善案2『ケースを使わない』

バッグの中から扇子を取り出した後、
すぐに使えるように、ケースに入れないのも手段の一つです

ただ、扇子を保護するためには布であれ、
プラスチックケースであれ、必要になります。

その為、それらを使わずに出来る限り
保護が出来る様にする必要があります。

改善案を上手く取り入れることで、扇子が使いやすくなります。

準定番?扇子は着物と合わせて使った時の携帯方法!

男女の着物

扇子と言えば、着物との相性が抜群です
やはり、どちらも日本の伝統的なものですから、見事に溶け込みます。

その為、現代では特別な場面でしか着物を羽織りませんが、
まさにそういう時、扇子を携帯するならどうするかをご紹介しましょう。

着物と扇子1『袂に忍ばせる』

着物には袂と呼ばれる、袖部分に余裕があります。

昔であれば、ここに小判やら、
財布やらを入れますが、現代だからこそ扇子を入れると風情があります

扇子を袂にいれると、安定感は若干ルーズになりますが、
保護という観点で言えば、袂は柔らかい為、変に傷む事はありません。

着物と扇子2『帯に差す』

例えば、刀のように帯に差すと、保護が良い携帯方法ではありません。

しかし、扇子を格好良く携帯するということなら、
この帯に差すと言うのはオススメです

使う時はさっと使え、しまう時はさっと差せます。

着物と扇子3『前衿に忍ばせる』

前衿に余裕を持たせて着物を着るのは、
あまり美しいものではありませんが、扇子を携帯するには便利な余裕です

安定感のなさは、袂以上ではありますが、
取り出しやすさの面でメリットがあり、
気楽な携帯方法として、使い勝手が良いと言えます。

着物を着る際に扇子を携帯する場合は、
少し遊び心のある持ち方を楽しんで頂ければ幸いです。

現代的で気軽な扇子の携帯方法はこれしかない!

ジーパンの後ろポケット

普段からバッグを持たない人、
着物を着る機会はない人、そんな人達にオススメなのがこれ。

後ろポケットに収納する方法です。

後ろポケットに忍ばせる扇子

後ろポケットであれば、歩く際に邪魔にならず、
自分の動きを制限される事はありません。

使いたい時に使え、簡単にしまえる
とても現代的な携帯場所となっているのではないかと思います。

問題と言えるのは保護の具合でしょうか。

座る時は取り出さないと危険ですし、
落としやすくもなります。

使いやすさが向上した手前、
警戒すべき部分が下がってしまうかもしれません。

その為、携帯中は常に扇子を差していることを忘れない様にしましょう

後ろポケットへ扇子を差すのは、
ある意味ではベストなのかもしれません。
しかし一方で、もう少し大切に使って頂ければなーという思いもあります。

当店は扇子工場としてい、オリジナル制作を承っている専門店。
大切にお使い頂きたいと言う願いがあります。

そういった意味でも定番として挙げた、
ケース+バッグに入れての携帯が一番だと思います。

-扇子の選び方

Copyright© 扇子のお役立ち , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.