扇子の豆知識

扇子芸とは?日本の伝統手品『手妻』の一つにも数えられる奇術!

投稿日:

扇子芸について

世の中には扇子を使い、人々の歓声を浴びる人たちがいます。
いずれも修練した技を見せる事により、オリジナル性の高い芸を見せています

一般的に扇子が活用されるのは、涼を取るためであり、
教養や礼節ある振る舞いをする時ですが、芸を見せる際はまったく別の活用だと言えます。

そこで今回は、扇子を使って行われる芸についてを紹介しつつ、
オリジナル制作についてお送りしていきます。

その奥深さにハマるかも?扇子は紙で出来た蝶を追う芸とは?

扇子と鶴

扇子を宙でハタハタを扇ぐことで、
紙で出来た蝶が命を持ったかのように舞う。
そんな扇子芸が古くから日本には存在します。

浮かれ蝶や蝶の戯れなど、
扇子+紙で出来た蝶の共演は風情ある名前が付いており、
手妻と呼ばれる日本の古典奇術内の一芸として数えられています。

2本の扇子で紙で出来た蝶を泳がせる姿は、
一見すると、自分にもできそうだと錯覚を覚えます。

しかし、紙製の蝶を巧みに扱える様になるには、
扇子の繊細で柔らかな使い方を覚えなければなりません。

そうした事実を考えると、
簡単そうに見せているのが凄いことだと認識もできます。

ユーチューブなどを探れば、それがどんな芸であるのか?
それを見ることが出来る他、各種講演会ではより活き活きとした扇子芸を見る事が出来ます。

結婚式の余興としてもいかがでしょうか?
華やかですし、おめでたい雰囲気がありますし、
扇子が結婚式によく似合う為、相乗効果で盛り上がります。

最近見る機会が減ってきた扇子を使った水芸とは?

扇子と水

これも忘れてはならない日本の古典芸の一つです。
いかにもおめでたい格好をした演者が、扇子を使って水芸をします

時には左右で扇子を開いたり、時には口に加えてみたりと、
ただ水が出るというだけなのに、それが芸として進化しています。

それもそのはずで、単に1扇2扇の扇子が水を出すならば、
見ていても華やかさに欠けますが、豪快な水を吹き出して見せたり、
何扇もの扇子から水を飛ばします。

圧巻と言う事が言葉がよく似合う芸となっております。

なお、この水芸は別に扇子を使わなくても可能な芸です。
小瓶や刀、カサなどからも水を吹き出させていました。

しかし、あえて紙製の扇子を使っていることに意味があります。
水に濡れたら、紙は破れてしまいますからね。

見ている側もそれが分かっている事がポイントなんです。

水芸を行うには、扇子に加工を施すことが必要です。

例えば、イベントや講演会などで水芸を披露する際、
オリジナル扇子を作成して販売するなんていかがでしょうか?

オリジナルデザインの扇子を販売することで、
ちょっとした販促活動にも繋がりますよ。

舞踊も扇子を使った芸の一つ!美しく優雅な舞いを支える一扇

扇子を使う舞踊

日本舞踊にも扇子が使われます。
そして、日本舞踊は伝統芸能の一つです

日本舞踊は扇子を活用せずとも、美しい舞いを披露するものです。

しかし、扇子を活用するからこそ見せる、動きたる美しさがあると思います。

ただ、扇子を開き、そして閉じる。
それだけの所作が完成されており、大変優雅な舞いへと昇華しています

扇子使いも見どころの一つです。
クルクルと巧みに操り、見ている物を翻弄します。

こうした日本舞踊に使われる扇子は、
シンプルな物から、きらびやかに彩られた物まで様々です。

当店はオリジナル扇子を作成しておりますが、
あまりに個性的な物の制作をお求めの際は、ご相談下さい。

その内容によっては、意に添えない可能性がございます。
ご了承くださいませ。

なお、扇子を使った踊りと言う事であれば、
個人でパフォーマンスをする時に利用する事があります

特に近年では、動画サイトの普及により、
何らかの曲に合わせて踊る動画のアップも多く、
小道具として、扇子を用いる方も多くおります。

やはり感覚的にかもしれませんが、
扇子には状況を盛り立てる効果があるのだと言うことでしょう。

もちろんそうした、サイトアップ用の動画に使う
小道具扇子のオリジナル作成も当店では承っております。

お気軽にご相談下さい。

-扇子の豆知識

Copyright© 扇子のお役立ち , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.