オリジナル扇子制作

扇子に香りを付けるのは簡単! 6つの方法でお好みの匂いを染み込ませよう!

更新日:

扇子に香りを付ける方法!

扇子を日常的にお使いになっていると、ちょっとした変化を求めたくなるもの。一番手軽に行えるのは、いつもとは違う扇子を使うこと。当然ですけど。

次に手軽なのは、扇子に上品な香りを求めることです。とは言え、香りがある扇子なんて、自分で簡単に作れるものでしょうか?

そこで今回は、お気に入りの扇子に香りを付ける簡単な方法をご紹介します

香りがついた扇子は作らなくても存在する?香木について

香木扇子

香木扇子と呼ばれる物があります。これは、扇子の骨に独特の香りを放つ香木を使用したもので、非常に古くから愛されてきた嗜好品の一つです。

香木扇子ならば、香りを後付けしなくとも、良い芳香を放っております。しかし、香木の種類も限られ、価格的にも決してお求め易くはならないため、日常使い用の扇子にはオススメしません。

それを踏まえた上で、扇子へ香りを簡単に付ける方法をご紹介します。

扇子に香りを付けるのは簡単?原理は樟脳と一緒です!

収納箪笥

扇子にお好みの香りを付けるには、「防虫剤の樟脳(しょうのう)」が分かれば理解が早まります。

樟脳の香りは染み込む?

樟脳は、しまってある衣類などを取り出そうと収納棚を開けた時、鼻をつくような芳香を放ちますよね?そして取り出したばかりの衣類は、暫く樟脳の匂いが漂っています

これは衣類に防虫剤である樟脳の匂いが染み込んだためです。

紙が主な素材である扇子にも同じ現象が起きます

ある程度、匂いの強い物と扇子を一緒に箱などの密閉空間に入れ、面を構成している紙に匂いを染み込ませるだけでです。

扇子に香りを染み込ませる6つの方法をご紹介!オススメはディ◯ーターです!

扇子に香りを付ける方法は分かったけど、どれくらいの期間、染み込ませれば良いのか?香りの物はなんでもいいのか?など気になる事があります。

今度は、この点について解決していきましょう。

香りを染み込ませる期間

扇子選び

1晩、香りの元と扇子を同包しておくだけで、匂いは染み込みます。扇子の面は紙や布で作られており、比較的、匂いが染み付きやすい素材です。

もちろん紙の質により染み付く具合は変わってきますが、和紙であれば、しっかりと香りが付きます

1日使用するには1晩ぐらいがちょうど良いと思われます。

なお放たれる香りの量は、染み込ませる期間や染み込ませ方により変わります

ちなみに香りを染み込ませる際、必要になる道具は以下の物です。

  • 扇子
  • 香りの元
  • 密閉出来る箱
  • 布切れやコットンなど

これらをご用意頂ければ、すぐにでも扇子に香りを付けられます

扇子に香りを染み込ませる方法

香水をつける

香水をつけるのは、非常にオーソドックスな方法です。

香水

この場合は、箱に密閉せずとも大丈夫!

扇子の面に直接一吹きするだけで、その香りを染み込ませる事が出来ます。なお香水の場合、匂いが取れにくいこともあり、お気に入りの香りに使用しましょう。

扇子の面、全体に香りが行き届くように、20~30cmほど離した位置から、香水を一吹きしましょう

香布を作る

香布とは、たった今作った造語です。

匂い

香水を布やティッシュ、コットンなどに吹きかけて、匂いを染み込ませた物を指しています。

これを開いた扇子と一緒に密閉できる箱の中に入れます(1晩)。香水を直接吹き付けるより優しい香りがしますし、染み込んだ匂いも取れやすいです。

そのため、一扇で様々な香りを楽しむことが出来ます

アロマオイルと一緒に密閉

アロマオイルの蓋を開け、開いた扇子と共に、箱の中に密閉します。

アロマオイル

アロマの癒される香りが、扇子に染み込んで素敵なアイテムが作れます。もちろんアロマオイルなので、様々な効果もありオススメです。

ゆずの香りを付ける

ゆずにはユズノンと呼ばれる、強い香り成分があります。

柚子

これは1個辺り、極僅かにしか含まれませんが、ゆずの香りを作っている核とも言えます。

このユズノンの香りを扇子に付ける方法は、皮を絞るだけ。普段、ゆずを絞る時、果肉の方を表にして絞りますが、これは香りを楽しむ上では間違っています。

ゆずの香りは皮側にあるため、皮側を表にして絞ります。直接扇子に吹き付けてしまうと染みが出来てしまうため、汁が触れない様に絞りましょう。

香りが強い柑橘類なら、全部可能ですが匂い自体の強さに影響を受けます。

ディメーターを使う

ディメーターと言えば、知る人ぞ知る、フレグランスです。

フレグランス

シャボンの香りがするランドリーをはじめ、ストロベリーやレモンなどのフルーツ、雨降り後やピザなどの変わり種まで、面白い匂いが溢れています

ディメーターの中からお好みの香り、気になる匂いなどをチョイス。これを扇子に振りかけたり、香布を作り、匂いを染み込ませたりしましょう。

色んな香りがあるディメーターなら、飽きるということは無く、楽しく扇子を使い続けられると思います。

石鹸と共に密閉

石鹸の香りは、いくつになっても懐かしいと感じるものです。

石鹸

また石鹸が持つ爽やかな香りは、清潔感を感じさせ、嫌いな人などいないでしょう。扇子が起こす風や香水の香りが嫌な人でも、石鹸の匂いなら受け入れて頂けるハズ?

固形石鹸と扇子を箱に入れ、1晩置くことで簡単に香りが付きます。

以上のように扇子に香りをつけることは、非常に簡単に出来ます。今、家庭内にある物で済んでしまうぐらい手軽です。

なお揮発性のある物を使用する際は、火気にお気を付け下さい

扇子に染み込んだ香りを持続させるには?

香り

香りを付けた扇子は元々が無香の物なので、時間と共に匂いは消えていきます

なるべく香りを持続させたい場合は、扇子袋に入れて持ち歩くこと使用する時間を制限することが挙げられます。

ただし香りが立ち消えていくことも風情と捉え、日本的な美意識と考えて頂けると思います。また、香りが消えた場合は、また別の匂いを付けて楽しむ事が出来ます。

嫌な臭いが染み込んだ場合はどうやって除去する?

煙

扇子の面は匂いが付きやすい素材です。そのため、嫌な臭いも簡単に染み込んでしまいますので、なるべくなら匂いが付く場所での保管、匂いが付きそうな場所での使用は避けて下さい。

もしも、染み込んでしまったら、消臭剤と共に密閉するのが一番得策です。消臭剤の特徴は、単に今ある臭いを消すのではなく、嫌な臭いを吸着する力を持っていること。

その力を利用するため、扇子と消臭剤を同じ箱に入れ、密閉しましょう

以上が扇子に匂いをつける工程です。また注意すべきことです。無香の扇子も確かに味わい豊かですが、好きな匂いがひと扇ぎごとに漂うのはとても素敵なことです。

普段使いの扇子になにかひと工夫をしたいなら、今回の記事をお役に立てて頂ければ幸いです。

-オリジナル扇子制作

Copyright© 扇子のお役立ち , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.